親父の米作り2009親父の米作りおふくろさんにいろいろ教えてもらっています。 

親父が事故で入院してしまい農作業を出来なくなってしまったのでおふくろさんと兄に教えてもらいながら
素人農業を始めました。(2009)

農協から買っている肥料です。 3月24日に8畝の田んぼに20キロの肥やしを
2袋、私とママで蒔きました。

毎年しろかきをしていると土が水路に流れて
しまうので親父は親戚の山の土をもらって
トラックで運んで田んぼに入れてからロータリー
をかけていたそうです・・・

来年は親父の真似をしてみようか?
3月31日ロータリーをかける前

3月31日ロータリー開始
兄にトラクターの使い方を教えてもらい、四隅は兄に
やってもらい後は私がやりました。
四隅はロータリーがかけられないので手作業で
土をおこします。反対側は私がやりましたが
結構大変でした。
ロータリーがけ終了。
作業が終り、入院している親父の病院へ

 

さくらが咲き始めていました。
4月22日(私45歳になりました)
これからしろかきです。
この耕運機は私と同い年ぐらいです?
よく働いてきました。



かご車輪のつけ方を間違うと埋まってしまいますので注意!
 

 
道具を忘れずトラックに!
しろかき前の田んぼですが、水が少ないようです?

 

 
  
水路の水の調節をしてからしろかき開始
四隅は兄にやってもらい後は私とママで
やりました。

 ママも初体験!

 四隅の仕上げは手作業!
最後はこれをつけて仕上げました。
しろかき終了!
平にならすのが難しかったですね。



田んぼから見えるつくば山です。
 

 

 
実家のつつじ・しゃくなげが見事でした。
4月27日に2回目のしろかきです・・・田植えまで
3日後ぐらいがベストと言うことで、素人は無駄が多い?
2回目は大分なれて順調に進みました。
最後の仕上げ、平にしているんです。
これが結構大変です!

 
ここから見える筑波山は形がいいと思いませんか?

4月30日 田植え

農協からコシヒカリの苗を毎年18個買っているそうです。
減反で約2反の田んぼは今は半分芝生を植えてしまいましたので、残り約8畝の田んぼだけです。

私が高校ぐらいまでは畑に種をまいて田植えができるまで
苗を育てていましたが、時代の流れなんでしょうか・・・

 
ガゼットを均等に散布します。

 
年に1回しか使用しないのでエンジンがかかるか?
しばらくエンジンをまわしてやっとかかりました。

 
さあ苗を積んで出発!

 

現地に着いて田植えスタート・・・
まっすぐに進むのが難しかったのと、苗がうまく出なくて
からめぐりしましたが、何とか終わりました。

 

田植え機で植えられないところは、手植えで仕上げ。
うちの田んぼから見える筑波山、向かいの田んぼでは
田植えの後の手直しをしていました。
5月3日に田植え後に始めて田んぼに。

 

田んぼに水が平均に流れるように調節しています。
平のようでかなり勾配がついていますので・・・
手前は高く、奥行きは低くなっています。
5月4日の状況 特に変わりはないようです。

5月13日に除草剤を散布



稲が根付いたのを確認して左のサラブレットを散布
5月20日の状況

 

特に問題はないようです。
おたまじゃくしが元気に泳いでいます。

 
実家の畑のジャガイモが見事に育ち、たまねぎも大玉。

 

この花分かりますか?
6月3日の状況

 

順調のようです。
田んぼの脇の水路でゲットした紫のザリガニ

 

初めて見ますね!?
 

 

サボテンが見事に咲いています!
6月8日の状況 

 

モグラの穴を発見! 吸い込まれるように水が
引いていきます。早速穴をふさいだようです。
一日2回の水の管理の必要性を感じました。
6月10日の状況

 

カエル捕まえようとしていますが・・・
 

 

 
畑のブドウやキュウイですが今年の出来栄えは
どうかな?トマトは見事です!

 

 
 
りんごの木も太くなりました。無農薬のりんごなので
うちのアレルギーのある三男も食べても問題なし。


6月14日の状況

イネドロオイムシなんでしょうか?

稲の葉が白くなってきました。

 
6月17日の状況 
酷くなってきているようです。
昨日から雨がかなり降っていたので
水路の水を止めていました。田んぼにも水が
はっていません。
 
7月1日の状況
イネの葉が緑になってきているようです。
イネドロオイムシは気温の変化でイネの葉を食べて
土の中にもぐるので植物油をまくと窒息死するらしく、
効果があるというのでお金のかからないぬかを
撒いてみました。

ただ、やるのが少し遅かったのかイネドロオムシが
成虫になっているのも確認しました。
 
7月20日の状況
大分成長してきましたが、奥のほうが(南側)良くない
ようです。
 

手前のイネです。
南側のほうは70〜80センチ位です。

隣の田んぼを見ても南側はいまひとつですね?
原因はなんなんでしょうか?

7月29日の状況

 
稲穂が出てきました。
 
8月5日の状況
稲穂の花が咲いています。




筑波山に雲が・・・
8月15日の生育状況

 
 

なかなかの出来栄え?
  実家の野菜畑にニームの木を2本植えました。

 
ゴーヤを薄く切って干して食べるんですよ?!

 
8月24日の生育状況

 

大分稲穂が頭をたれてきました。
 

田んぼの近くの山の栗がなっていました。
昨年は、この栗頂いたんですよ・・・
9月12日稲刈り 最近は知り合いの農家のかたに
お願いしています。昔は稲刈りした後、天日干しして
十分乾燥してから脱穀して籾摺りしていましたが、今は
コンバインをもっている大きい農家のかたに頼んで
いるようです。

収穫は13袋(一袋30キロ)でした。ちなみに親父は
毎年平均16〜17袋。親父の半分できればと思って
いましたが、上出来かな?
9月16日
稲刈り後、わらを燃やしました。

親父は相変わらず寝たきりで、意識はありませんが
新米をおかゆにして汁だけでもなめさせてあげようかな?

これが13袋
毎年、どんな思いで親父は米作りをしていたのか?
私が松戸に来てから26年間、当たり前のように
米をもらってきましたがもう親父の作った米は
食べられませんが、私がこれから引き継いで
行きたいと思います。

5月に田植えをしてから9月には稲刈り、米の生命力は
かなり強いんでしょうね。人間の営みが定住したのは
確か米作りができるようになってからですよね・・・

農業をもう一度見直し、我々の世代が子供たちに
きちんと引き継いでいかなければならないと気づかせて
くれた親父に感謝・感謝。